市山くじらや 

今日も気持ちの良い晴れた日です。
朝から、新しい試みのための灰ふるいをしました。
灰を何にするかと思われるかとおもいますが、
うわぐすり、釉薬の原料になるのです。
解ってはいるのですが、窯の中で、やっぱり溶けて、
それぞれに焼きあがるのは、不思議です。

 そしてその現場は、到底手の届く世界ではなく、
(ヤケドするどころじゃありません!)そのために窯の神秘、
炎の芸術と言われるのでしょうが・・・。

 でも、身近ないいかたに変えると、科学実験のようでもあり、
実験を重ねることで少しづつ歩み寄ることもできます。

 今日の灰はどんなになるかなぁ~楽しみだなぁ~

<今日のうつわは蕎麦猪口です>
e0203580_1231329.jpg
by ichiymakujiraya | 2010-12-01 12:37 | 陶芸