市山くじらや 

オリーブの実、ころん

天草大陶磁器展で毎年開催されるコンテスト、
『陶磁器の島 AMAKUSA陶芸展』
今年は天草のオリーブの島を目指すということで、
『オリーブに捧げる器』という新しい部門賞がありました。
毎年出展していますが、今回は「オリーブの実、ころん」
というタイトルで出展して、この特別部門で受賞いたしました。
e0203580_10184683.jpg


 このコンテストのいいところは、地元で開催しているので、
審査の後、審査員の方に、意見をうかがえることです。
自信のない作品を出展したときは特に恥ずかしくて、
「どうでしたか?」と質問することは気が重いものです。
覚えられていないこともしばしば。
 けれど自分の評価と人の評価がどう違うのか、
どんな風に見方が違うのかというのを知ることはおもしろいことで、
そこにモノ作りのヒントがあるように思います。
 今回もそうでしたし、そして、今回のことは、
陶芸の仕事をしてていいよ、という知らせのように思われました。

 その、『オリーブの実、ころん』のご注文分が
焼きあがったのでご紹介します。
発色が不安定な釉薬のため、多めに作りました。
その他の新作も展示しますのでどうぞ御来窯ください。

e0203580_10203279.jpg


 このコンテストは毎年ありますので、
是非たくさんの方に応募していただきたいと思っています。
募集がはじまったらまた告知します。
by ichiymakujiraya | 2010-12-24 11:01 | 陶芸