市山くじらや 

洗濯日和

窯つめが終わるまで、洗濯しない!
こんな都合のイイそして都合のよすぎる
家事を休めるささやかな願掛けをしました。
e0203580_1817533.jpg

といってもこれは、
『やらなきゃいけないことがあると、その前に部屋の掃除をしたくなる封じ』
でもあります。

しかし、そもそも器は日々の暮らしと共にあるのに、
モノ作りの態勢としては矛盾も感じていたりします。
晴耕雨読という言葉が浮かんできては目をそらしてしまうのも、
どこかやましい気持ちがある証拠でしょう。

 気まぐれに浮かぶ言葉に惑わされないように、
自分の仕事のリズムが徐々にでも出来上がるようにしよう~

洗濯も済ましたし、あとは、すこし焼成方法を変えてみたことがうまくいっていることを願うばかりです。
by ichiymakujiraya | 2011-02-07 18:31 | 陶芸