市山くじらや 

Tops

Topsを見ました。
イームズ夫妻の映像作品(1969)だそうです。
なんでしょう、見ているとじわじわ静かにテンション上がります。
人のDNAには回転へのあこがれが組み込まれているのでは。
こどものころ、あり余る時間には時折、独楽の回転を眺めていました。
いつも出来るだけ長く回り続けたらいいのにと思っていたのに、
この映像を見ていると、回転終わりの安定しない変則的に(見える)動きがまたいい!

磁器で独楽をつくってみようかしら・・・

普段、ロクロを回すのでありふれた日常だった「回転」に魅せられた午後。
こんな日ですが、まだまだ四角な皿の制作は続いています。
e0203580_14141787.jpg

最近、晩柑と紫陽花長者です。
(Top=独楽)
by ichiymakujiraya | 2015-06-10 14:24 | 陶芸