市山くじらや 

2016天草大陶磁器展&アマクサローネ①

今年は天草大陶磁器展の搬入日11月1日が
アマクサローネのプレイベント『天草さんぼん』の日でした。
待ちに待った近藤良平さんのソロ公演です。
とーっても楽しみにしていたので
自分の出展準備、ハードでしたがいつもよりはやく出来ました!
やればできるっ!

近藤良平さんの主宰されているダンスカンパニー「コンドルズ」が
今年20周年のツアー中で、アマクサローネ実行委員メンバーと
9月のNHKホール記念公演も観に行ってきました。

『天草さんぼん』はアマクサローネの会場となる空き店舗がステージ。
以前は寝具などを扱っていたお店らしく、
まさかこんな運命が待っていたなんて建物もびっくりしているのでは。
NHKホールと観客の数、雰囲気、会場の大きさ、全然違います。
天草いっぽんの東向寺、天草にほんの丸尾焼の中庭、ともまた違うステージ。
その場その時にしかできない公演にいつもワクワクします。

今年の春、実行委員会が始動した頃は私たちも予想もしていなかった場所、
どんな感じだったかというと・・・
入口のシャッターや階段で繋がる2階まで吹き抜けのスペースを効果的に使い、
奥に細長い店舗の両脇に観客席を設えた花道のような舞台。
そこを近藤さんが走ったり飛んだり歌ったり、
時に観客を巻き込んで縦横無尽に踊る様はとってもスリリングでした。

紆余曲折あってのこの場所で、素晴らしい公演を観ることができました。
今回使った小道具や流したレコードなどの多くは
近藤さんが天草に滞在中に出会ったり見つけたりしてピックアップしたものたちだそうです。

生きていると大なり小なりみんな色々とあるでしょうが、
ステージの非日常と日常がつながっていると感じられるようなことがちりばめられていて、
公演が終わってもこれからの毎日もなかなかいいよ、
そう、あとからふんわりと伝わってくるようでした。
そして体を動かすことが楽しそうに感じられることは、毎回!

あーこうやって今思い返すとまたいいですねぇ~。

アマクサローネのFBページやInstagramなどで
その時の画像がご覧いただけます。
後日、アマクサローネの今年のアーカイブが公開されましたら
わたしもシェアしたいと思いますのでよかったら見てみてください。
e0203580_233147.jpg

とても濃い一日の翌日、
天草大陶磁器展の初日の朝は近藤良平さんの振り付けの天草小唄を
ご来賓のスーツのみなさん、アマクサローネ実行委員のみんな、
他踊りたい皆さんで一緒に踊ってからのオープニングセレモニーでした。
テープカット。めでたい。
by ichiymakujiraya | 2016-12-04 23:15