人気ブログランキング |

市山くじらや 

<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

雨の悲喜こもごも

花しょうぶ祭りは、初日から台風の影響か雨に降られ、
大事をとって土曜の夜市と翌日の開催が中止になりました。
問合せ先を掲載しておりましたが、
あとから、もしここを頼りにされていた方がいたらと思うと、
ブログでもすぐお知らせするほうがよかったかな、ということ、
今後気をつけようと思いました。
搬入日に一旦撤収という事態になり、
普段ならひと気の無いはずの雨の公園に集まったたくさんの
出展者の方々が片づけしているのを見てると、
みんな同じ気持ち、そういう気がしました。
お天気ばかりはしょうがない・・・謙虚に辛抱。
昨日からお天気も持ち直して、再度搬入に行ってきました。
私は、あす1日と5日(日)、大バザール最終日が
陶磁器のブースの当番日ですので、
その時は通常のギャラリーは閉めております。
天草の名物が集まってます、
明日のお昼は何食べようかなと今から思案中です。


e0203580_1135555.jpg
e0203580_11374564.jpg



















朝顔を今月21日に植えて、24日に芽が出ました。今日はこんなに育っています。恵みの雨。
by ichiymakujiraya | 2011-05-31 12:01 | 天草

図書館の本

e0203580_18444495.jpg
 先週、読みたい本があって、新刊じゃないから
図書館のほうがすぐに見つかるかも、と当てにして行ってみたら
蔵書にあるものの貸し出し中でした。
気を取り直して、本棚に目をやると、忘れていたけれど
すごく読みたかった本のタイトルが、バシッと目に入り、
うれしくなって本を手にしました。即決お持ち帰りです。
こういう時、当たりだな、という予感がします。
家には何冊も読んでいない本や、読みかけの本があるのに、
返却期限よりも早々と読み終えそうです。
所有するという不自由さを、不意に考えました。


 さ~明日からは花しょうぶ祭りです。
(前回のブログに詳細を載せております)
傘が要るかもしれないなぁという空模様ですが、
広々とした芝生や、棚田の道や、色んな表情のある公園です。
特設ステージでの催しは雨の場合は中止のようですが、
バザールは開催してますので、散歩がてらご来園ください。


e0203580_1846957.jpg



e0203580_18485748.jpg



















 今日下見に行くと、花しょうぶは
まだたくさんの蕾が控えていて、今からというところ。
足しげく通って開花を観賞いただくとよさそうでした。
ウォーキングの方がちらほらといらっしゃいましたが、
歩くには本当に気持ちのいいところです。

画像は西の久保公園のあじさいや木やお茶室です。


あ、城河原小学校での『ホタルフェスタ 10thほんわかホタルの観賞会』は、
明日の予定でしたが、天候不良のため、6月4日(土)に延期だそうです。
市山くじらやからも近いところなんですが、ホタルの里といわれているんですよ~
by ichiymakujiraya | 2011-05-27 19:26 | 天草

第七回西の久保公園 天草花しょうぶ祭り2011

天草花しょうぶ祭りも今週末の開催と日が迫ってきました。
今年で第七回目。西の久保公園にて開催します。
25万本の花しょうぶが優雅に咲き誇る。公園がパビリオン!とチラシに紹介されています。
HPには今日の公園の花しょうぶの画像がUPされていましたよ。
5月28日~6月12日が開催期間ですが、
大バザールは6月5日まで。天草の陶磁器、食、花、苗、天草石匠会による地元石材、
他にも手作りのものを販売するお店など、60店舗が大集結します。
夜のコンサート、このお祭りに協賛した格安宿泊プラン、ハイヤ踊り、お茶会etc・・・
もうご紹介したいことがいっぱいです。
今現在、チラシが一番詳しい情報が
載っているようなので、ここでご紹介しておきます。
下に5ページ分あります ↓ ↓ ↓
わからないことは、HPや、実行委員会事務局(でんわ0969-23-1111)にお問い合わせください。

さて、どんな展示にしようかな?
陶磁器のコーナーは、出展者が当番でお店番です。
またこちらで告知しながら、ご紹介しながら、
花しょうぶ祭りに臨みたいと思います。
e0203580_21194766.jpg

e0203580_21201459.jpg
e0203580_21204681.jpg
e0203580_2121391.jpg
e0203580_21213327.jpg

by ichiymakujiraya | 2011-05-24 21:34 | 陶芸

グリーンピース

店頭で採れたてのグリーンピースを見かけました。
そうか~そうか~やっぱり食べないとね。旬だもん。
いつも、確か、豆と一緒に米を炊いていたんですが、
豆を茹でて、取り出さないまま冷ました茹で汁で米を炊き、後から
豆を混ぜると、いいらしい、と聞いて試してみました。
このやり方だと、豆がしわしわにならずに、”まんまる”なままなこと。
豆(グリーンピース)を茹で汁の中で冷ますので、
固ゆでくらいで火を止めて、余熱でやわらかくします。
しわしわな豆の方、どうぞお試しを~
e0203580_135038.jpg
余談です。
グリーンピースご飯のことを、
『ピースご飯』と言っている人がいました。
わかります!
確かに、グリーンピースのグリーンを言うとき、
ほんのちょっとストレスがあります。
私は略さず、もっぱら
さらっと、グリン、と言ってます。

今日は雨。今日の雨は、恵みの雨、という風情。
e0203580_1363739.jpg

by ichiymakujiraya | 2011-05-23 13:15 | つれづれ

月と太陽

おはようございます
きのうの月もみごとでした。
あかるい夜の
夜食に玄米クッキーと玄米茶。
玄米粉があったので、
適当に有るものをほうり込んで
焼いてみましたが、
なんとかクッキーらしくなりました。
天草産の玄米粉にタマゴ。
e0203580_8531698.jpg
今朝も快晴~
ここ数日の月と太陽の存在感にひるむも、
げんきをもらってます。
by ichiymakujiraya | 2011-05-19 09:07 | 天草

なぜか、妄想について

妄想、という言葉の頻度が世間でもここ数年わりかし高い気がしてます。
私の耳が過剰にキャッチしてるのかな?
故意か無意識なのか、想像の世界を卑下したような、
ちゃかした言い方のような印象を受けます。
辞書をくると、みだりな思い、正しくない想念、であるとか、
被害妄想というように、病的な意味も含まれていました。
だからなんか引っかかってたのかーと思いましたが、
本来の意味はさておき、叶う、叶わない、
為になるかクダラナイかという他人の評価は問題じゃない!
・・・と声高にいえない時に妄想という言葉が受け皿になってくれてるんだと思います。
備えるとか、何かのために、とかそんなことばっかりじゃ疲れますし。
言っても差し支えない妄想としては、ききメロンパンかな~。
おいしいメロンパンを集めて食べ比べしたいです。
毒にも薬にもならない例ですみません。
e0203580_1945412.jpg
昨日の月は見事でした。
成長めざましい稲ですが、まだ田んぼに月が写りこんでいます。
by ichiymakujiraya | 2011-05-18 20:21 | つれづれ

さんぽ

歩きたくなったので、ポストに投函に行かなきゃならない用事をみつけました。

いろんな人が言うように、いろいろ考えるにはいいみたい。
足を自然に前に出すように、思いつくこと、浮かぶことも
つっかかりの無いような、行き止まりにならないような感じがしました。
本当に行き詰まったときに、面倒くさがらずに歩いてみよっと。

手紙を出したら完全に散歩気分で、目に留まるものも気分を軽くしてくれました。
e0203580_17583468.jpge0203580_17591325.jpg





















e0203580_18155436.jpg

by ichiymakujiraya | 2011-05-16 18:18 | つれづれ

気になる

e0203580_1819624.jpg
よくお世話になっている『やさい村』
月、水、木、土、がオープンの日。
今日はお休みでした~。
五和の玉子とか、やさい、まんじゅう、お惣菜、花を直売しています。


何しろ、販売されているものが育ってきた景色の中にお店があり、
その生産者からお買い物をするのですから、直売中の直売です。
市山くじらやの前の道沿いにあります、というか
やさい村の前の道沿いに市山くじらやがあります。



このやさい村の入り口に、
私の好きなものが描かれてあるのですが、
入り口の左下を見ると・・・
e0203580_18153132.jpg

ヒョウタンツギ?
手塚治虫さんの漫画にときどき登場しますよね、好きなキャラです。
いや、たまたま似てしまっただけ?
どちらにしろ、ここに何故?というのが気になってます。
by ichiymakujiraya | 2011-05-15 18:25 | 天草

壁の向こう

桂枝雀さんが好きです。
声も、あの子どもにもわかり易いデフォルメされた演出も。
しかもそれがいやらしくなくて品があって・・・
もしも日本語がわからなくても、この方の落語は
聴きたくなるかも、と思うのは、緊張と緩和、の話術のせいでしょうか。
お弟子さんが、枝雀師匠の生前の逸話を紹介していました。
「少し背伸びをしたネタを練習した方がいい、何度も稽古をすれば、
壁を乗り越えられる、のではなく壁は消える」と教えられたそうです。
この言葉は、枝雀さんオリジナルではなく、
師匠から弟子へと、誰からともなく伝えられてきたようですが、
少しでも枝雀さんのことに興味がある方なら察しがつくように、
身を削る程に真剣に落語に取り組まれていた方を通して
伝わった言葉としてとても強いです。
壁を乗り越えるのではなく、壁が消える、って同じことのようで
違うなぁ、北風と太陽みたいな話だなと思ったり、
仕事のことも考えました。
頭の中ではまた、「どぉういうこと?」という時の
あの独特の節回しの声が聞こえてます。
落語、本当に面白いです、枝雀さん。
e0203580_20141782.jpg
今日は底削り(焼き上がった器の仕上げ)をしています。
『くしゃみ講釈』と『鴻池の犬』がBGM。
by ichiymakujiraya | 2011-05-14 20:15 | 陶芸

蛍の季節-花しょうぶ祭りのお知らせ

 GWも完全に終わり、何よりも早く、あの、湿度の高い、じめっと空気が
体にまとわりつくような夏らしさにいきなり歓迎されました。
そうかと思えば昨日は肌寒い夜でしたが。

 わたしは、暑さにつよいと自負があるのですが、
今からの虫たちがすごくすごく苦手なので、
どうぞどうぞ私を避けて生きていって欲しいと願う毎日です。
でも蛍は別です。今年も見られるのが楽しみです。

 さて、次のイベントのお知らせは西の久保公園の花しょうぶ祭りです。
期間は5月28~6月12日 (大バザールは5月28日~6月5日)です。
大バザールには市山くじらや、ほか地元の焼き物やさんも出展します。
天草の方はご存知だと思いますが、西の久保公園は天草下島に入って、
車で10分位のところにある大きな公園です。
花しょうぶがたくさん植えられていて、棚田になっているところを散策できる
コースがあり、花の季節の夜は、蛍狩りもできます。
5月28日と6月4日の土曜日は、午後9時まで夜の市も開催しておりますので、
夜の市と蛍狩りを一緒に楽しめるかもしれませんね。
私が蛍なら、あそこで暮らしてもいいかも。その頃は紫陽花もたくさん咲いています。

いい季節ですが、紫外線対策も忘れずに~
出展に向けて、帽子をさがそうと思います。
e0203580_110268.jpg

by ichiymakujiraya | 2011-05-13 11:08 | 陶芸