人気ブログランキング |

市山くじらや 

<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

背中の太陽

本当に暖かい日で、日が暮れるまで窓を開けていられるほど。
工房横に咲く水仙を摘んでいる時の、
背中のポカポカのぬくもりは花が浴びてる太陽の熱。
もうすぐの春を待ち遠しいという幸せに一日包まれました。

今年は、3月のマリンメッセ福岡での全国陶磁器フェアに出展するまでは
制作しながら手野のギャラリースペースの営業というスケジュールです。
そして独立してからのお付き合い、確定申告シーズンでもあります。
大小いろんな目標、克服したり、取り掛かったり、上達を目指したり、勇気を出したり、
指折り数えるとあれこれすること、したいことがあるもので、
ブログにすれば至って地味なことばかりでしょうが、進捗のお知らせなどしていきます。
e0203580_21473935.jpg

by ichiymakujiraya | 2014-01-26 21:51 | つれづれ

初窯に向けて

今年は手野のギャラリースペースの営業よりも一足早く、
制作は新年初の窯焚きに向けて始めていました。
そんな矢先、インフルエンザに罹り、前回のお休みの変更、延長となってしまいました。
もう完全復活して火入れに向けて仕事する毎日です。
釉薬を掛ける作業は冬の寒さが大敵です。
体調を崩したりしないように頑張ります!

こんな毎日にはカレーが便利。
ちゃっちゃと済ませて仕事に励もう!
ということで、五和町の二江にある『珊瑚礁』という
美味しいカレーのお店から持ち帰りのルウを調達してきました。
雰囲気のよいお店でいただくのもいいですが、
お持ち帰りメニューもオススメですよ~。

ブログの更新はそれまで滞りがちかもしれませんが、
制作と並行して通常通りギャラリーOPENしております。
e0203580_19344023.jpg

by ichiymakujiraya | 2014-01-20 19:39 | 陶芸

変更です。1月15日までお休みします。

年末年始のお休みのお知らせをしておりましたが、
勝手ながら1月15日(水)までお休みします。
急用の方は一度お電話ください。
変更になり申し訳ございません。
e0203580_14151645.jpg

by ichiymakujiraya | 2014-01-13 14:16 | 陶芸

天草大陶磁器展&アマクサローネ2013⑤

11月4日は近藤良平氏の『天草小唄』千人踊りの日でした。
天草小唄に振り付けをしていただいたのですが、
出来たてホヤホヤの踊りを、確認しながら集まった人たちと踊って
より完成に近づける、という感じで進行していきました。

朝10時から11時半までの短い時間、ギュッと濃密で最高に楽しかった~。
みんなおかしいくらい笑って踊っていたのは、近藤さんの魅力と手腕に違いありません。
昨夜の卓球さんにしても、その余韻で踊りつかれた私たちの体をも動かす
近藤さんの術的なパワーも、目には見えないのに体感させることの絶対値があり流石でした。

『北風と太陽』の話をよく思い出しては、これって太陽のような出来事、話、
太陽のような人、と時々なぞらえてしまう癖があり、
この踊り続けた2日間は太陽のような出来事でした。自由。

多忙なスケジュールの中での来島で、近藤さんはお昼になる頃には天草を発たれました。
老若男女に人気者だった近藤さん、また天草でお会い出来そうな気がします。
踊りは多分多くの人がすぐに覚えられるようなものでしたから、
今回踊ったひともそうでない人も、いつか一緒に踊りましょう!

踊りが生まれる瞬間に立ち会えたということは宝です。

ということで、ちょっとこの日はテント店番を数時間離れておりました。
午後からテント会場へ。祝日の月曜日とあってにぎわいました。暦の上での連休もこの日が最後。

そうそう、雨が前日の3日の夕方に降りましたが、あまり開催時間にかぶらずに済み、
会期中のお天気にも味方してもらえたといっていいでしょう。
4日の朝は少し前日の雨対策の片付けをしなければならなかったものの、
翌日の搬出にも影響がなさそうでほっとしました。お天道様にも感謝です。
e0203580_20334138.jpg

by ichiymakujiraya | 2014-01-11 00:30 | 陶芸

天草大陶磁器展&アマクサローネ2013④

2013年の天草大陶磁器展のチラシです。
e0203580_23253250.jpg

豪華な顔ぶれ!こんな陶芸展て普通無いよね~と繰り返し嬉しい気持ちいっぱいで思うわけです。
というかアマクサローネのスペシャルゲスト陣なわけで、陶芸展という枠をいい意味でどんどんはみ出してます。
日比野克彦さん、石野卓球さん、近藤良平さん、何者でもない頃に憧れ仰ぎ見ていたような方々。
その当時の年齢を今、自分が超えていく毎日です。
今も精力的にお仕事されている姿を目の前に、過去現在未来がバラバラじゃないことを思いました。

今回のアマクサローネ招聘作家は2回目の参加となるワタリドリ計画のお二人(麻生知子・武内明子)
11年前に天草に滞在して作品制作していたアーティストの五十嵐靖晃さん、
天草で個展をされたこともある画家の吉本伊織さんでした。
遠方からにもかかわらず、まだまだこれからみんなに知ってもらうぞ!
というアマクサローネに参加していただいて感謝、感謝です。
手法もモチーフも材料もそれぞれ違います。スタイルもジャンルも違う。
そんな同年代の作家がどういう活動をしているのか、
天草に招聘作家として滞在したことで何が生まれるのか、
何を感じるのか、いつも楽しみにしています。

自分の仕事の進捗が順調だったら、もっと招聘作家の方々と関われるのに・・・
時間に追われる10月末のこのジレンマも私の風物詩になりました。

作品そのものだけでなく、作家が制作に取り組む姿勢、飲みの席での会話からも
何かを受け取る、伝わるもので、思い返すこと、再会することで継続、更新されていくのです。



11月3日は待ちに待った石野卓球 in AMAKUSAの日。
たくさんの友人知人、ゲスト作家、出展者が参戦して、
みんなが卓球さんのDJでめちゃくちゃ盛り上がりました。
あの日の夜の楽しさと異様な熱気は、アマクサローネ2013年11月3日でしかありえないものだったといえます。
この実現のために動いてくれた人みなさまに感謝です。

どれだけ伝わるかわかりませんが、今後の実行委員会からの告知も、
心からみなさんに来て欲しい、参加して欲しいと思えるものを企画している
という信頼につながればいいなと思っています。
e0203580_23224676.jpg

by ichiymakujiraya | 2014-01-10 00:07 | 陶芸

天草大陶磁器展&アマクサローネ2013③

2014年になり、新しい気持ちでいっぱいの中、
自分なりの総括をしておかないとスッキリしないので
再び昨年の11月のことを振り返ります。

2013年、天草大陶磁器展テント会場内に『天カフェ』がお目見えしました。
天草の窯元『工房 樹機』さんの尽力が大きいのと、
山の口焼さんや陶丘工房さんからもテーブルや椅子、
カウンターなどを持ち込んでいただいたりして、ゆったりできるカフェコーナーになりました。
カップを出展者の器から選ぶことができ(76窯元)、サイフォンで淹れる珈琲と
セットのお菓子付き(チョコや金平糖)をお出ししました。
たくさんのお客様に楽しんで頂いていたように感じました。

10年目になる天草大陶磁器展も、同じことの繰り返しになる前に、
新しい試みをやること、それを面白がれること、大事だなぁという思いを新たにしました。

そして!11月2日は街中ギャラリーの会場で日比野克彦氏の公開制作の日。
わたしはテント会場におり、目の前で見ること叶わなかったものの、
今年はUstreamで配信画像を見ることができました。
大胆にダンボールがカットされる瞬間は小さなスマホ画面でもどきどきしました。
制作後天草を発たれた日比野さん。
毎年このイベントでお会いできるのは本当に嬉しく、貴重な時間です。

e0203580_19563395.jpg
e0203580_1957989.jpg

by ichiymakujiraya | 2014-01-09 20:00 | 陶芸

2014年あけましておめでとうございます

2014年、あけましておめでとうございます。
今年も市山くじらやをよろしくお願いします。

手野のギャラリーは14日からですが、
お正月にリフレッシュしたあとは、
新年の初窯焚きに向けて気を引き締めて行きたいと思います。

今日は、2010年の初窯開きの時に作った縁起物の箸置きの写真です。
初心を引っ張り出してみました。
e0203580_20554345.jpg

e0203580_20561196.jpg

今年の元旦は本当の朔ですね。

皆様にとってよい一年になりますように!
by ichiymakujiraya | 2014-01-01 07:00 | 陶芸